RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
押尾学初公判が東京地裁で行われました。

押尾学さんの合成麻薬MDMAを使用した麻薬取締法違反の罪。
初公判が東京地裁で行われました。
傍聴券を求めて2232人が殺到。
一般に割り当てられた座席は20で、倍率は 111.6倍となった。
裁判の中で色々明らかになってきた。
押尾学さんと亡くなった女性とは今年5月に都内のクラブで知り合い、交際が始まったという。
押尾は「錠剤は女性からもらった。女性は錠剤を3回飲んでいました。何錠かは分かりません」と
これまでの供述通り、「女性に勧められて飲んだ」という主張を繰り返した。
この様子を父親は傍聴で見ていた。
押尾被告が女性の死亡後にMDMAの反応を体内から抜く薬がないか、友人に聞き証拠隠滅を図ろうとしたことや、毛髪からもMDMAの反応が出たことを指摘。検察側は「常習性は明らか。再犯のおそれもある」として、懲役1年6月を求刑した。判決は11月2日に言い渡される。

閉廷後、地裁に隣接する広場で会見を行った死亡女性の父親は「(裁判を終えて)何も言えません。(彼を見て)言うことは何もありません」とコメント。 さらに、体を震わせて涙を流しながら「彼の背中をみながら(空白の)3時間の間に、何故救急車を呼ばなかったのかと思いました……」と無念さを露にした。

押尾被告は逮捕後に女優・矢田亜希子と離婚しているが、弁護側の被告人質問で「奥さんと子どもとの関係はどうなりましたか?」と問われると、少 し黙り込んだ後に「切れました」と返答。8月31日に保釈されてからも、長男りあむくんと会っていないことも明かし「息子には会いたいです」と父親 としての顔をのぞかせた。矢田の所属事務所は、押尾被告の初公判について「もう関係ないので、お話しすることはありません」と言葉少なだった。






押尾被告に懲役1年6か月求刑 変死女性の遺族は報道陣に涙の訴え http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000009-oric-ent






【PR】
自宅で稼ぐ研究会
転職 情報
author:oioijoo, category:気になる事件, 11:43
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:43
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/102