RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
携帯端末BlackBerryアプリケーションで盗聴発覚!?

携帯端末BlackBerryアプリケーション。
そのアプリで盗聴できてしまう問題が発覚し、限定的としながらも注意を呼び掛けている。
これは、BlackBerryアプリケーション「PhoneSnoop」がインストールされた端末で盗聴ができてしまうというもの。
US-CERT(米コンピュータ緊急事態対策チーム)が提起したもので、会話内容を狙われる危険性を指摘している。
実際に盗聴するには、難易度は極めて高いとしている。

フランスでは、政府が閣僚に対してBlackBerryの使用を禁止している。
これは、BlackBerryから送信された電子メールがイギリスやアメリカのサーバを通じて送信されるため、
機密情報が流出するとの懸念からである。
しかし、暗号化されたメールの内容は解読できないという見解もある。
バラク・オバマ大統領も同様の理由で端末の使用を問題視されたが、
現在は個人的なメールに限るとの制約付きで使用している。
リサーチ・イン・モーション社がプリークネスステークスの公式スポンサーとなり、
レース名がブラックベリープリークネスステークスとなった。

BlackBerry(ブラックベリー)は、カナダのリサーチ・イン・モーション社が、
1997年に開発したスマートフォンである。
欧米のビジネスマンを中心に広く使われており、世界で130カ国以上3,200万人以上が利用しているといわれている。
世界販売台数は5000万台を超えている。
2004年に在米日本人向けにNTTドコモUSAにてBlackBerryのメール日本語化ソフト
「ナミメール Namimail」やWi-Fi接続ソフト「ナミキテル」の販売を開始した。
外資系企業を中心に使われ、1,200社以上が国内で導入している。
主に、法人向けサービスのBlackBerry Enterprise Service(BES)と、
個人・中小企業向けサービスのBlackBerry Internet Service(BIS)の2種類がある。





RIM、BlackBerryの盗聴アプリに見解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000074-zdn_ep-sci






【PR】
初心者 ネットビジネス
仕事 資格


author:oioijoo, category:気になるニュース雑記帳, 18:20
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:20
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/106