RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
太陽光発電のバス停留所の時刻表その評判は?
目にした事はあるだろうか、バス停留所の時刻表を。
尼崎市交通局が市バス停留所に太陽電池を設置し、
夜間に時刻表を発光させる取り組みを初めてから今年で10年になる。

配線工事の不要な地球に優しいバス停。
特徴:
 ・ソーラー式なので配線工事は不要。
 ・光源に白色LEDを使用しているので、見やすくまた長寿命で交換の必要がない。
 ・電気回路はすべて低圧(DC12V)のため、安全。
 ・タイマー内蔵で、朝晩バスの運行する時間帯に点灯。

設置のきっかけは、夜間の利用者から「時刻表が見にくい」という苦情が相次いだことから。
市民の環境意識の高まりなどを受けて始められ、数はまだ23基と少ないが、
夜間の利用者から「時刻表が見やすくなった」と好評だ。
交通局は「電気代の削減と環境への取り組みを両立させながら、今後も太陽電池を広げていきたい」と話している。

太陽光発電とは、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式。
地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kW。
もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、
世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーである。
しかも、枯渇する心配がないのです。
現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っています。
こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうもの。
太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、
年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。
また、クリーンであることも大きな特長。
発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にはまったく排出しません。
エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。
日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、
その導入量のさらなる増加が期待されているのです。





バス停:「夜間時刻表見やすく」尼崎市、太陽電池設置10年 市民の評判上々 /兵庫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000193-mailo-l28






【PR】
転職 履歴書
totobig 携帯

author:oioijoo, category:気になるニュース雑記帳, 19:11
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:11
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/107