RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
与党民主党の診療報酬改定の動きに日本医師会は苦悩。
与党民主党の動きが気になります。
不透明な診療報酬改定の仕組みを批判し、長妻昭厚労相ら政務三役は、
診療報酬の抜本改革に向け検討を進めてきた民主党。マニフェストにも掲げている。

これを受け、中央社会保険医療協議会が中心に決定してきた診療報酬改定の在り方を、
来年度にも全面的に見直す方針を固めたようです。
基本方針や改定率の原案作成を厚生労働相直属の検討チームすることになる。
日本医師会の影響下にあった中医協の役割は大幅に縮小されることになり、
閣議決定するトップダウン方式を軸に検討を進めている。

しかし、いまだに診療報酬を不正に請求するケースも多い。
旧厚生省OBの医師、菅谷良男被告は患者に偽の病名を付けて診療報酬を不正請求し、
約280万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた。

新潟市民病院では看護師の配置数を実際よりも多く計算。
診療報酬を過大請求していたなど、過大請求は少なくとも2億8千万円も不正請求したこともあった。

このような事が起こるということは、
病院の経営状態や医師不足が影響しているのだろうか。
地方の病院などは経営難が叫ばれているところ。

こうした現実を踏まえて、最近の政府の動きには意見が分かれる。
公約のマニフェストでは色々と書かれていたが、実行に移すことが本当に出来るのだろうか。

また、日本医師会は自民党の有力支持団体。
民主党支持にシフトするかどうかも大きく揺れているもよう。
鳩山政権の「日医外し」の動きに、発言力低下を危惧しているためだといわれている。
自民党支持団体の象徴である日本医師会が民主党に舵を切ることになれば、
来夏の参院選への影響は計り知れないだろうとしている。
今後の政府や日本医師会の動きに注目したい。





診療報酬改定全面見直しへ 医師会の影響排除
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000514-san-soci





【PR】
借金を考える
転職


author:oioijoo, category:気になるニュース雑記帳, 16:26
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:26
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/90