RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
新型インフルエンザにはワクチンとマスクで対応する

マスクを買いに薬局へ行くと
以前よりも種類が増えていました。

新型インフルエンザが流行兆しを迎えています。
持病を持っていない若い方にも影響を与えているのが今回のインフルエンザ。
そんな中、ワクチン接種が始まりました。
「医療従事者」を対象にした接種開始なのですが、
各医療機関には一般人からの問い合わせや予約が殺到しているといいます。
ワクチン接種に優先順位が付いているので順番が回ってくるまでは
基本的に接種できないことになってしまいます。
厚労省が新型インフルエンザ対策として着用を強く推奨している。
「せき」「くしゃみ」などの症状がある場合だ。
新型インフルエンザを予防しようと、薬局では
マスクがよく売れている。陳列棚には通常の3倍以上並べているといいます。
ウイルスは通常、「せき」による「つば」などの「しぶき」とともに1〜2メートルほど飛び散る。
これを元から抑えることで、効果的に感染拡大防止が図れる。
患者全員がマスクを着用すれば、流行の速度を遅らせ、社会の混乱を小さくできるとしている。
その一方、健康な人がマスクを着用しても、マスクと顔のすき間からウイルスが侵入したり、
目から感染する恐れもあり、感染を100%に防ぐことは不可能。
マスクを着用していても人ごみの中に入れば、感染予防の効果は期待できない。
また、全国の医療機関から報告される患者は5〜19歳の若年層が中心で、
中でも10代前半で急増。
夏休みが終了し再開した学校や幼稚園、保育施設が流行の中心になっているとみられるという。
インフルエンザの対応方法は色々と紹介されているが、
どれも幼い頃に必ず聞くことばかり。
やはり、大流行する前にワクチン接種が出来るならば優先順位の見直しをして欲しい。





新型インフル対策 マスク選ぶ基準は? 不織布推奨・安価でも効果
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000515-san-soci









【PR】
子供の病気の対処法 健康サプリメント
author:oioijoo, category:気になるニュース雑記帳, 12:18
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:18
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/93