RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Windows7“コピー天国”に氾濫
JUGEMテーマ:Whats New?!

さすが中国としか言いようがありません。
“コピー天国”に歯止めがかからない状態ですね。
米マイクロソフトが10月22日に発売する新しいOS「ウィンドウズ7」の海賊版が中国で早くも氾濫。
価格は1枚がわずか5元(日本円で約65円)からという驚きの安さ。
上海市内の店頭には海賊版が堂々と並べられ、地元の大学生などに人気だという。

原盤の入手ルートやどこまで正しく動作するかなどは不明だ。

中国語対応の「ウィンドウズ7」海賊版は正規版デザインのパッケージにディスクが1枚。
海賊版を搭載したパソコンもすでに各地で販売されてる。

ソフト著作権保護団体ビジネス・ソフトウエア・アライアンス(BSA、米ワシントン)が
5月にまとめた2008年海賊版ソフト調査によると、中国のパソコン市場に占める海賊版の比率は80%。
損害はおよそ66億7700万ドル(約6000億円)に達するという。

米マイクロソフトの約3年ぶりの新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」が一般向けに発売される前に、
やはり・・・という感じなのか。
先月25日に始まった予約販売は好調で、パソコンメーカー各社は市場活性化の「起爆剤」になると期待し、
年末に向けて「Windows7」搭載の新製品を相次いで投入する勢いだ。

米マイクロソフトの(OS)「ウィンドウズ7」を発売。
米アップルは(OS)の最新版「スノーレパード」を発売。
米グーグルも無償OSを来年後半に提供する計画を打ち出している。

しかし、ビスタの1世代前の「XP」が現在も人気を維持している。
消費者に買い得感を訴えて新製品の普及を図りたい、OSのシェア争いが激化の様相をみせようとしている。




ウィンドウズ7海賊版 1枚65円 “コピー天国”中国で大氾濫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000025-fsi-bus_all


author:oioijoo, category:気になるニュース雑記帳, 11:50
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:50
-, -, pookmark
Trackback
url: http://infocome.jugem.jp/trackback/95